Seishi Ono's blog

Fugaces labuntur anni. 歳月人を待たず

2008-12-05から1日間の記事一覧

加藤周一の死

高校時代に私がもっともよく読んだのは羽仁五郎と加藤周一の著作だった。当時は学生運動の末期であったが、その後に及んでも高校生の中には口角泡を飛ばして議論を重ねる連中がいた。長い間、私は何もわからず彼らの話しにじっと耳を傾けているだけであった…