Seishi Ono's blog

Fugaces labuntur anni. 歳月人を待たず

Blockchainは教育を変えるか

MOOCブームが去って,次は何が来るのだろうと待ち構えていたら,もしかすると次のブームはBlockchainかもしれないと思い始めた. 昨年秋辺りからMIT Media LaboがBlockchainを使ったDigital CertificatesProjectを始めた.同じ頃にサンフランシスコにある知…

CentOS7のkernelアップデートが失敗する

思わぬできごと 旅行から帰ってきたら、どこかにぶつけたように右足の親指の付け根が痛い。最初は飛行機の機内で寝ぼけてどこかにぶつけたんだろうくらいに思っていたが、親指の付け根という典型的な場所だけにこれは痛風では無いかと思い至って、翌日病院に…

歳月人を待たず

古代の歳月 陶淵明の「歳月不待人」には年齢を重ねると色々な思いが去来するものがある。この詩の有名な終わりは、こうなっている。 盛年不重來 盛年重ねては來たらず 一日難再晨 一日再びは晨なりがたし 及時當勉勵 時に及んで當に勉勵すべし 歳月不待人 歳…

NetBSD6.1.5でslimログインマネージャ

NetBSDでなるべくFreeBSDで使っている環境に近い環境を作ってみようと思って、Xの環境を入れてみた。最近はNetBSDも pkgin install xfce4 などでバイナリのパッケージがインストールできるので、大分楽である。Xfce4ではなくMATEにしたかったのだが、パッケ…

新しい年

還暦も2年ほど過ぎて迎える正月に珍しいものは無いのだが、今年は年賀状も書かずに英作文に専念しなくてはいけない事情があり、コツコツとやっている。案外捗ると思うこともあれば、半日無駄にしてしまうこともある。そもそも英作文などはここ1,2年の経…

システム運用の科学

今から3年ほども前に 「運用でカバーの科学」というタイトルでエッセーを書いたのだが、今頃同じタイトルで何か書いてくれとさるところから依頼が来た。気安く引き受けてしまったが、現場を離れてから久しく、書き始めてみると、ぼけた話しか書けないという…

Lewin先生の退場

MITの名物物理学教授として知られていたProf. Walter Lewinは、2009年にMITを退職後75歳をすぎてなおedXでオンライン講義を行っていた。Lewin先生の工夫の効いた派手なパフォーマンスはネット上でも評判だった。2008年には、A New Physics Superstar - US Ne…

CentOSのバージョンアップ

centos6.5から7へのバージョンアップは何台かやったが、その都度つまずく。もうなれた頃だろうと思ったら、今回も思いがけないところで躓いた。VMware上のサーバを触ったのだが、ネットワークインターフェイスが見えなくなってしまったのだ。 こうなるとネッ…

オープンエデュケーションとその時代:安楽死する日本の大学そして日本

ポストMOOCの時代に取り残される日本 前号でご紹介した通り、オンライン教育を活用したオープンエデュケーションの活動の一つであるMOOC (Massive Open Online Courses)は、2012年頃には、ニューヨークタイムズから、``The Year of the MOOC''と讃えられるほ…

Ubuntu 14.04 LT Desktop でSoftware RAID

Ubuntuはさほど気に入ったOSというわけでもなかったので、あまり触ったことが無いが、ひょんなことからDesktopをインストールしてみる気になった。どうせなら、Software RAIDを組んでみようと思ったら、一発インストールというわけには行かなかった。試して…

大学解体と知の溶解-Open Educationがもたらす明日の大学-

はじめに 私は、大学でこの20年ほどをインターネット運用と調査・研究に費やして来 た。最近になっての、私の関心事は、2012年にはじまった新たなオープンエ デュケーションの波である。今回はこのホットな話題を紹介したい。 私は、今回の米国発のオープン…

Drupalのバージョンアップ

Drupal6からDrupal7へのバージョンアップには、バージョン7がでてから何回か挑戦したが、ちょっとしたことに躓いて延び延びになっていた。現実逃避を兼ねてもう一度挑戦してみた。 Drupal6のサイトを丸ごとコピーしDBもコピーして新しいページを作るてから、…

日本の教育市場

日本の教育市場は、世界に比較してその成長が著しく鈍いというレポートを三井戦略研究所が発表している。酒井美千代「成長が期待される世界の教育市場」http://mitsui.mgssi.com/issues/report/r1207i_sakai.pdf 昨今の高等教育機関を初めとする日本の教育の…

教授がコンピュータスクリーンに置き換えられる日

Cathy Davidsonの論説If We Profs Don't Reform Higher Ed, We'll Be Re-Formed (and we won't like it)は、なかなかセンセーショナルではある。 そこで語られていることは、この1年間のMOOCsのブームで膾炙されたことをまとめたに過ぎないのだが、やはり目…

中世の大学とオープンオンライン教育の学費徴収システム

西洋における最古の大学はイタリアのボローニャ大学と言われている。私のおぼろげな知識では、この大学は、元来の意味での「ウニベルシタス」すなわち組合として、学生たちがお金を出し合って教員を招聘したと言われている。これに対して、パリ大学は教員が…

NetBSD on VMware Fusion 5

VMware Fusion 5出版社/メーカー: アクト・ツー発売日: 2012/09/28メディア: DVD-ROM購入: 6人 クリック: 46回この商品を含むブログ (7件) を見る ひょんなことから、いつも使っている Mac Book Pro のRetina モデルにVMware Fusion5を入れてみた。 このVMwa…

マイクロレクチャーという講義形態

マイクロレクチャーはカーンアカデミーで評判を取って、最近ではUdacityなどでも採用されている1分単位のレクチャーである。1分で講義をするのはかなりチャレンジで実際にはもっと長い単位でのレクチャーもマイクロレクチャーと呼ばれている。 数学の専門家…

MOOCを新しい革袋に入れる

MOOCは、イリイチの「脱学校化社会」の理念から出発して人気となり、膨大な受講者を集めたところで、ビジネスになった。 このビジネスを成功と評価するにはもう少し時間を要するが、急速な展開のなかで、まだまだ精度をあげなければならない部分がある。 例…

Web2.0の先へ

Web2.0を言い出したのは、Tim O'Reillyであり、調べてみるとこれは2004年のことだったようだ。瞬く間にこの言葉はバズワードになり、たくさんの○○2.0のバリエーションが生み出された*1。まことに便利な言葉だったわけだが、もう8年も経ってしまってそろそろ…

ハーバートノーマンの安藤昌益

忘れられた思想家〈上巻〉―安藤昌益のこと (岩波新書)作者: E.ハーバートノーマン,大窪愿二出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1991/09メディア: 新書購入: 1人 クリック: 9回この商品を含むブログ (4件) を見る ハーバートノーマンの安藤昌益を読んだのは高…

インターネットの収益モデル

どうもはてなの広告もうるさいので、ポイントを購入して広告を消そうと思ったのだが、ポイントは860円などの端数で買うことができない。でその端数も処理できない。一年使わないと消滅する。なかなかいけている仕掛けなので、購入するのは控えることにした。…

大学はMOOCに置き換えられるのか

12月9日付のワシントンポスト紙の記事「Georgetown to offer free online courses」によればジョージタウン大学もEdXに参加することにしたらしい。 格式と伝統のある保守的なカソリック系大学の参加は、ちょっとしたニュースだったわけだ。 この記事の最後に…

黒船としてのオープンエデュケーション

オープンエデュケーションは、日本の高等教育機関にとって脅威かそうでは無いのか?日本語という非関税障壁に守られているガラパゴス、鎖国された日本は、いつまで鎖国を続けられるのだろうか? 私にすれば、黒船がそこまできているのに惰眠をむさぼっている…

MOOCはブーム

xMOOCsの仕組みを見ていると、時代遅れだという批判が、cMOOCsの人たちをはじめいくつかある。実際その通りだと思う。 失敗したfathomと余り変わらないe-leaningシステムでしかないようにみえる。だから、このままではxMOOCsは一時のブームで終わってしまう…

人生のために学ぶ

ラテン語の格言には、Non scholae sed vitae discimus.「学校のためにでは無く人生のために学ぶ」という一文がある。セネカの書簡集にあるNon vitae sed scholae discimus.「人生のためで無く学派のために学ぶ」という学者に対する皮肉な言い回しをひっくり…

大規模オープンオンラインコースの陥穽

2012年10月に発生したCourseraの閲覧不能事故*1は、クラウドサービスを利用している場合には、どのサービスでも起こりうる事故であって、それ自体は取り立てて大きな問題であったわけではない。しかし、なかなか教訓的ではあった。 大規模オープンオンライン…

khan academyの変革

MOOCsが、スタンフォード、MIT、ハーバードなどエリート大学による、教育支配の道具であるのに対して、khan academyは、MOOCより以前から、学位があるわけでもない個人的な趣味で始めた活動がアカデミーとして具現化した活動である。 エリート大学だけがMOOC…

The MOOC Guide

The MOOC Guide(https://sites.google.com/site/themoocguide/home)は、ここまでのMOOCの歴史を知るのにわかりやすいサイトだ。 Wikiベースで2007年に始まったMOOCの初期の活動は、 Connectivism and Connective Knowledge course (CCK08)で本格的な活動とな…

認証の問題

100万人の規模で授業を行いクレジットを出そうとすれば、本人同定の問題とかならず向き合わなくてはいけない。実際edXもCouceraもクレジットを出すために、webカメラを使った本人確認を行うことにしている。 現状では、コース完了率は10%に満たないから、10…

知覚されたアフォーダンス

MOOCに関する初期の論文にブログやフォーラムのようなコミュニケーションツールに対する評価をしているものがある(http://eprints.port.ac.uk/5606/1/Blogs_and_Forums_as_Communication_Tools_in_a_MOOC.pdf)。これを読んでいると、MOOCの活動の中で、学…